保険適応について-画像診断装置による、がんの“早期発見・早期治療”のために

TOP > 保険適応について

PET/CT保険適応病名

検査保険適応について

2010年改定により、これまで限定的だった悪性腫瘍の適応が、早期胃がんを除くすべての悪性腫瘍に拡大されました。

PET/CTでの適応
1. てんかん
難治性部分てんかんで、外科切除が必要とされる患者に使用
2. 悪性腫瘍の病期診断又は転移・再発の診断(早期胃がんを除く)
他の検査、画像診断により診断が確定できない患者に使用
PETでの適応
1. てんかん
難治性部分てんかんで、外科切除が必要とされる患者に使用
2. 虚血性心疾患
心組織のバイアビリティ診断が必要とされる患者に使用
3. 悪性腫瘍の病期診断又は転移・再発の診断(早期胃がんを除く)
他の検査、画像診断により診断が確定できない患者に使用

※胃・腎・尿管・膀胱・前立腺・睾丸・皮膚・などの癌、および肉腫は保険の適応症になっておりません。