保険適応について-画像診断装置による、がんの“早期発見・早期治療”のために

TOP > 保険適応について

PET/CT保険適応病名

検査保険適応について

2018年4月に保険適応疾患が改定されました。

PET/CTでの適応
1. てんかん
難治性部分てんかんで外科切除が必要とされる患者に使用する。
2. 悪性腫瘍(早期胃癌を除き、悪性リンパ腫を含む。)
他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない患者に使用する。
3. 血管炎
高安動脈炎等の大型血管炎において、他の検査で病変の局在又は活動性の判断のつかない患者に使用する。
PETでの適応
1. てんかん
難治性部分てんかんで外科切除が必要とされる患者に使用する。
2. 心疾患
虚血性心疾患による心不全患者における心筋組織のバイアビリティ診断(他の検査で判断のつかない場合に限る。)又は心サルコイドーシスにおける炎症部位の診断が必要とされる患者に使用する。
3. 悪性腫瘍(早期胃癌を除き、悪性リンパ腫を含む。)
他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない患者に使用する。
4. 血管炎
高安動脈炎等の大型血管炎において、他の検査で病変の局在又は活動性の判断のつかない患者に使用する。