PETとは-画像診断装置による、がんの“早期発見・早期治療”のために

TOP > PETとは > PET/CT

PET/CT検査 他の検査や画像診断では病期診断や転移・再発の診断が確定できない場合など当クリニックのPET/CTによる検査をご活用ください

他の検査では見つけにくかった「がん」を発見

PET検査は、体内に投与されたFDG(フルオロデオキシグルコース)などの検査薬が放出する放射線を検出して画像にする装置を用いる検査です。
がん細胞は、正常細胞よりも多くのブドウ糖を消費すると言われています。ブドウ糖に似た検査薬が体内に投与されると、がん細胞と正常細胞とでは集まりの違いが生じます。その違いを画像にすることにより、体内のがん細胞を見つけることができます。
当クリニックのPET/CT装置は、このPET検査に、高性能のマルチスライスCT装置を組み合わせることにより、全身のがん形状や位置、性質等を診断することができるシステムです。また、PET/CT装置は、血流や代謝等を測定することもでき、アルツハイマー病の早期発見にも有効です。

PET/CT検査について

検査の安全性について:検査薬(FDG)による被曝線量は約2〜3mSVです。これは自然被曝とほぼ同じ線量であり、胃透視撮影より少ないとされています。この線量では急性の放射線障害が発生することはありません。

検出感度の良いがん:頭頚部がん、肺がん、乳がん、膵がん、大腸がん、子宮体がん、悪性リンパ腫、悪性黒色腫などが検出されやすいとされています。ただし肝がん、胃がん、前立腺がん、膀胱がん、尿道がんなどは検出されにくいとされています。

検査の限界について:PET/CT検査は多くのがんの検出に有効ですが、1cm以下の腫瘍は、PETカメラの性能の限界で検出できない場合があります。また、薬剤が腎臓から尿として排出されるため、腎臓、尿管、膀胱、前立腺等の病巣の検出は困難とされています。

【肺がんの症例画像】