社会医療法人 弘道会 守口生野記念病院 日本医療機能評価機構認定病院
印刷する 文字サイズ 小 中 大
サイトマップ個人情報保護方針お問い合わせ
病院紹介 診療案内 総合案内 関連施設 患者様相談室 地域医療連携室
診療案内
外来医師の担当表はこちら
診療案内

一般内科

脳神経外科

循環器科

外科

整形外科

リハビリテーション科

消化器科

呼吸器科

神経内科

形成外科

泌尿器科

皮膚科

麻酔科

放射線科

心臓血管外科
  泌尿器科

お知らせ
木曜日の午前診は小児泌尿器科外来専門外来となっており、木曜日の一般外来は午後診となっています。

当科では性行為感染症、勃起不全に対する専門的治療、および美容目的の包茎手術は行っておりません。ご了承ください。


 当科は腎、尿路、前立腺、副腎、陰嚢内容等の疾患に外科的治療を中心として取り扱っています。
泌尿器科
 部長の東田が小児泌尿器科認定医、がん治療認定医である関係から、小児の泌尿器科疾患 (先天性水腎症、膀胱尿管逆流症、尿道下裂、停留精巣などの先天性疾患など) と泌尿器科腫瘍(腎がん、腎盂・尿管がん、膀胱がん、前立腺がんなど)を診療の中心に据えています。 特に小児泌尿器科の分野は専門的に診療している医師が全国的にも少なく当科の特徴のひとつとなっています。 また、腎・尿管の悪性腫瘍等に対する腹空鏡手術や前立腺肥大症に対する内視鏡手術なども積極的に行っています。 内視鏡手術においては、最新の経尿道的手術用内視鏡(TURis)も導入し、従来に比べ、より合併症の少ない手術が可能になっています。
 尿路結石症に対しては、2016年に体外衝撃波砕石装置を更新するとともに、最新のレーザー砕石装置を導入し、内視鏡手術も積極的に行っています。

 外来は大阪市立大学から応援医師3名を加え、月、火、金、土の午前と木曜午後の一般外来、及び木曜午前の小児泌尿器科専門外来を行っています。

 平成28年の治療実績の内訳としては、 腎がんや、腎盂尿管がんの腹腔鏡下手術、前立腺癌に対する手術等の悪性腫瘍に対する手術、膀胱尿管逆流、先天性水腎症、尿道下裂などの小児の先天性疾患に対する手術の他、尿路結石症に対する内視鏡手術や体外衝撃波砕石術、 前立腺肥大症に対する経尿道的手術(内視鏡治療)など年間200例以上の手術を行っています。

■医師紹介
部長 東田 章(とうだ あきら)

■資格等
医学博士
日本泌尿器科学会 専門医、指導医
日本小児泌尿器科学会 認定医
日本がん治療認定医機構 認定医

■略歴
平成元年大阪大学医学部卒
大阪大学医学部附属病院、大阪府立病院(現・大阪府立急性期総合医療センター)、大阪府立母子保健総合医療センター、国立病院大阪医療センターで泌尿器科診療、研究に従事
関西医科大学附属病院・腎・泌尿器外科 非常勤講師
■学会関連
日本小児泌尿器科学会評議員
日本小児泌尿器科学会編「停留精巣診療ガイドライン」作成委員

■専門分野
泌尿器科腫瘍、小児泌尿器科、泌尿器科一般。