社会医療法人 弘道会 守口生野記念病院 日本医療機能評価機構認定病院
印刷する 文字サイズ 小 中 大
サイトマップ個人情報保護方針お問い合わせ
病院紹介 診療案内 総合案内 関連施設 患者様相談室 地域医療連携室
診療案内
外来医師の担当表はこちら
診療案内

一般内科

脳神経外科

循環器科

外科

整形外科

リハビリテーション科

消化器科

呼吸器科

神経内科

形成外科

泌尿器科

皮膚科

麻酔科

放射線科

心臓血管外科
  脳神経外科(脳卒中センター、脊椎・脊髄センター)

Moriguchi-Ikuno Memorial Hospital、
Stroke and Spine Center

www.kodoukai.or.jp


ご挨拶
 2010年7月に脳卒中センター、脊椎脊髄センターを開設して以来、約6年が経ち、年々症例数も増加してきました。地域の開業医の先生方をはじめ市民の方々にも、当センターの存在、役割をご存知いただけるようになり、紹介患者も増え、脊椎脊髄センターには、北河内地区以外の遠方からの紹介、来院患者さんも増えてまいりました。
診療
脊椎・脊髄センター
 症例・手術例の増加とともに、学会でも評価されるような高い症状改善率を保っています。 合併症の発生も2.1%〜2.7%と全国標準値(3.7〜3.9%)を大幅に下回っており、より安全に手術が行えています。頸椎症性脊髄症・神経根症、変形性脊椎症、腰椎脊柱管狭窄症を主に、頭蓋頸椎移行部疾患(Chiari 奇形他)、脊椎・脊髄腫瘍の手術など難易度の高い手術やX-STOPS挿入術、Balloon Kyphoplasty、脊髄電気刺激などの新しい手術も行っています。
 当脊椎脊髄センターでは、神経内科とも共同で診療にあたっています。より低侵襲で、治療効果の高い治療を、米国での治療経験を基に日本で他の施設に先駆けて導入しております。 高度先進医療技術に基づいて患者さんの病態・希望にあわせて様々な外科治療方法を提供することができます。
脳卒中センター
 担当医師、看護師、放射線科技師、事務担当者が、1秒でも迅速・的確に、診断・治療にあたることができるようにトレーニング、研鑽を積んで参りました。2015脳卒中ガイドラインに沿った脳卒中超急性期治療を行っております。 全例当院到着時より1時間以内にt-PA投与を完了することができるようになっています。また、t-PA投与に引き続いて超急性期血栓回収術も行っています。昨年より、血栓回収の適応例が急激に増加してきており、高率に機能改善を達成することができています。
 脳動脈瘤クリッピング術はもとより、コイル塞栓術や血行再建術(内頸動脈内膜剥離術、頸動脈ステント留置術)も行っています。循環器科とも協力して、心臓・大血管・末梢血管もあわせて評価して全身管理に努め、脳卒中の原因追及、合併疾患の検索、治療を行っております。
脳神経外科にとって
Based on Advanced Medicine & Technology
高度先進医療・技術 とは
  • 超急性期、急性期の病態に、医師、看護師、放射線技師・他が一丸となって迅速に対応する。
  • 脳卒中、脊椎脊髄疾患ともに、指導医、専門医、エキスパートによる高度・先進的な医療知識・技術を提供する
  • ナビーゲーションシステム、術中モニタリングシステム、術中ICG造影を用いて手術の安全性を高めるとともに治療困難な例にも挑戦する
  • 超急性期には高度な設備を整えた集中治療室Intensive Care Unit (ICU)における、専門スタッフによる集中的管理を行う
研究
 診療におけるレベルアップはもとより、学会発表、論文発表を行って、研究にも力を注いでおります。頸椎症性脊髄症の治療成績を日本脊髄外科学会機関誌(頸椎の不安定性を有する頸椎症性脊髄症における椎弓拡大形成術と一期的後方減圧後方側方固定術の治療成績. 西川 節、金 安明、生野弘道 他. 脊髄外科 December, 2015)、日本脳神経外科コングレス機関紙(頸椎症性脊髄症に対する前方除圧固定術の治療成績:固定方法と固定椎間数に関しての検討. 西川 節、金 安明、生野弘道 他. 脳神経外科ジャーナル. October, 2016)、脊椎制動術(X-STOP®挿入術)の治療成績を日本脊髄外科学会機関誌(腰部脊柱管狭窄症に対する脊椎制動術 (X-STOP®挿入) の初期治療成績:当施設における 20例の治療経験. 西川 節、金 安明、生野弘道 他. 脊髄外科 August, 2016)に発表いたしました。現在進行中の研究は I: North Shore University, The Chiari Institute において経験した臨床データをもとに、 North Shore University Hospital IRB の許可のもと、現在、データ解析、論文作成中です 。II:高齢者における脊椎脊髄手術の術後経過を追跡調査しています。III: 大阪市立総合医療センター脳神経外科、病院病理部と共同で黄色靭帯の石灰化、骨化の病理組織所見検の討を行って黄色靭帯骨化の原因を考察中です。IV:大阪市立大学医学部附属病院病院病理部と共同で頸動脈狭窄症におけるプラークの病理組織の検討、血液マーカーの測定を行って不安定性プラークの特徴を考察しております。
教育
 また、当科には平成24年度からは、脳神経外科専門医研修の大阪市立大学医学部脳神経外科の連携施設、日本脊髄外科学会訓練施設、日本脳卒中学会訓練施設として、研究医、大学院生の先生が定期的に派遣され、研修・研鑽しています。若い先生方の教育という役割も担っています。

 周辺地域における脳卒中、脊椎脊髄疾患に対する当科の役割は、今後さらに重要なものになっていくと考えられます。私どもは、現状に満足することなく、最新の情報を知るとともに、さらに診療のレベルアップを計って研鑽を積み重ねてまいる所存です。また、次世代を担う若い先生方によい研修、経験をしていただけるように努めて参りたいと思っております。診療、教育、研究すべてにおいてがんばって参ります。
常勤スタッフ
原 充弘 元大阪市立大学医学部附属病院長:特別顧問
 
西川 節 病院長・脊椎脊髄センター長
North Shore University Hospital 客員教授
大阪市立大学大学院医学研究科 臨床教授
脳神経外科専門医・指導医・代議員
日本脊髄外科学会指導医・代議員
日本脳卒中学会専門医
 
城戸崎 裕介 脳神経外科主任部長・脳卒中センター長
脳神経外科専門医・指導医
日本脊髄外科学会認定医
 
中西 勇太 医員
脳神経外科専門医
 
田上雄大 医員
 
非常勤スタッフ
川嶋俊幸 大阪市立大学大学院医学研究科 大学院生
 
川上太一郎 三栄会ツカザキ病院脳血管内治療科 部長
 
後藤剛夫 大阪市立大学大学院脳神経外科 講師
 
連絡先
社会医療法人 弘道会 守口生野記念病院 脳神経外科
脳卒中センター、脊椎・脊髄センター
〒570-0002大阪府守口市佐太中町 6-17-33

Moriguchi-Ikuno Memorial Hospital
Stroke and Spine Center
6-17-33 Satanaka-machi, Osaka 570-0002 Japan
TEL:06-6906-1100 FAX:06-6902-9021