トップページ > 診療のご案内 > 神経内科

診療のご案内

神経内科

当院神経内科では、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気を診ております。
パーキンソン病・パーキンソン症候群、認知症、頭痛、てんかん、不随意運動(震え、ぴくつき)、脳梗塞、多発性硬化症、髄膜炎・脳炎、脊髄炎、重症筋無力症、ギランバレー症候群、圧迫性ニューロパチーなどの末梢神経障害、筋疾患などです。

疾患によっては、脳神経外科等の診療科と協力しながら治療を行います。
手根管症候群、肘部管症候群などの圧迫性ニューロパチーでは、神経伝導検査で圧迫部位を同定し、整形外科にて手術加療を行うことも検討いたします。

手足の震え、しびれ、動かしにくさ、物忘れ、頭痛、ろれつ困難、歩行困難、言語障害等の症状があれば、迅速に検査治療を行うと回復が良い病気も多数ありますので、お早めに受診してください。

なお、神経内科は精神科や心療内科とは異なります。
神経内科は脳や脊髄、末梢神経、筋肉といった身体の疾患を主に診ます。その一方、身体の症状がメインながら検査をしても異常が見つからない、あるいは経過からストレスなどが関連していると思われる場合は、心療内科・精神科が担当することになります。

神経内科
副部長 片山 由理