トップページ > 診療のご案内 > 循環器内科

診療のご案内

循環器内科

循環器科では狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、心不全、心臓弁膜症、不整脈、大動脈疾患、閉塞性動脈硬化症などの診断、治療を行っています。当院はICU, CCUの設備を有し、急性心筋梗塞や不安定狭心症など緊急を要する疾患に対しては、随時心臓カテーテル検査(CAG)、冠動脈インターベンション(PCI)を施行しています。また、低侵襲に冠動脈が評価できるように、64列マルチスライスCTやドブタミン負荷エコーなどを積極的に用いた診断を行っています。
動脈硬化性疾患は冠動脈にとどまらず、下肢動脈など多岐に渡り、当科では下肢動脈などのカテーテル治療(PTA)にも積極的に取り組んでいます。また、徐脈性不整脈に対しては、ペースメーカー植え込み術とその後の管理も行っています。
近年では、虚血性心疾患や心不全などの循環器疾患罹患後のスムーズな社会復帰や再発予防も重要とされ、そのための心臓リハビリテーションも注目されています。当院でも運動療法や生活習慣の改善などを含めた心臓リハビリテーションを積極的に導入しています。
当循環器科はあらゆる循環器疾患に対応することにより、地域に貢献できる科を目指しています。