トップページ > 診療のご案内 > 外科

診療のご案内

外科

外科では消化器外科を中心に一般外科を担っています。 また、急性期病院の外科として外傷、急性腹症の手術にも対応しております。 そして低侵襲の治療として鏡視下手術も積極的に行っており、現在は鏡視下手術としては胆嚢、大腸、胃、ヘルニアの手術を中心に行っております。
以下に当科で施行している主な手術を上げさせて頂きます。

胃癌、大腸癌などの消化管癌や肝臓癌、胆嚢癌、胆管癌、膵臓癌に対する手術療法(腹腔鏡下手術を含む。)および化学療法(抗癌剤投与)
胆石症、胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術
内痔核、痔瘻、裂肛の根治術
そけい、大腿、腹壁瘢痕ヘルニアの手術
胸腔鏡下気胸根治術
急性虫垂炎、消化管穿孔、紋扼性腸閉塞等の急性腹症に対する緊急手術
摂食障害、嚥下障害に対する内視鏡的胃瘻造設術(PEG)
点滴ルート、抗癌剤投与等に対する中心静脈カテーテルポート留置術
閉塞性黄疸に対する経皮経肝胆道ドレナージ術(PTBD)
*他院への紹介希望がある場合や当院では困難な疾患である場合などは、ご希望の病院・施設あるいは適切な病院・施設への紹介を行います。

外科
副部長 葛城 圭
医長 張 翔