文字サイズ
診療のご案内

眼科

眼科

診療科について

2021年4月より常勤医2名、非常勤医師3名で診療しております。
外来では一般的な眼科診療や、処置を行っています。入院や手術を要する疾患の診療も行っています。

診療内容

糖尿病網膜症などに対するレーザー治療は外来で行っています。翼状片や霰粒腫などの外眼部手術は日帰りで行っています。糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性症などの抗VEGF薬硝子体内注射は、感染のリスクを考慮して手術室で行っています。加齢黄斑変性症につきましては、大阪市立大学視覚病態学准教授の河野剛也先生にご指導いただき、光線力学療法が必要な場合は大学病院にお願いするなど、大学と連携して治療にあたっています。 白内障手術は日帰りもしくは1泊2日の入院手術を、患者さんのご希望や病状に応じて選択しています。黄斑上膜や黄斑円孔、糖尿病網膜症、網膜剥離などに対する硝子体手術も対応可能です。硝子体手術、緑内障手術は入院を基本としています。

外来担当医表

令和6年5月15日現在

午前診療

午前診療時間:9:00-12:00 
受付時間:8:00-12:00

右にスクロールしてください
診療科目
眼科 小池 小池 渡邊(愛) 渡邊(愛) 小池 -
河野 渡邊(愛) 矢寺(第1.3.5週) 小池 稲田 -

実績

  • 水晶体再建術(併施を含む) 95件
  • 硝子体茎離断術(水晶体再建術併施を含む) 6件

- 内訳 -
網膜剥離1件、網膜前膜1件、硝子体出血1件、水晶体脱臼3件
線維柱帯切開術+水晶体再建術1件、硝子体内注射40件、前房穿刺1件

眼科担当医師

小池 伸子

資格等

  • 日本眼科学会専門医
  • 身体障害者福祉法15条指定医

渡邊 愛子

- 医長 -