トップページ > 診療のご案内 > 形成外科

診療のご案内

形成外科

形成外科では、頭から足先まで身体表面全体にわたり、先天異常や外傷、腫瘍など、幅広い分野の疾患を扱います。
外傷では指尖部損傷や腱損傷などの手の外傷、先天異常では唇顎口蓋裂や多合指(趾)症など、腫瘍では皮膚・軟部悪性腫瘍切除および切除後再建などが主たるものです。
また、他科と共同して行う糖尿病足の治療、褥瘡の治療にも力を入れています。

 

 

外来診察

 

午前山本 ー山本山本 ー ー

  

診療対象となる症状

 

■顔面の外傷:鼻骨骨折、頬骨骨折、吹きぬき骨折、上下顎骨骨折など

■手、足の先天異常:合指(趾)症、多指(趾)症など

■再建:皮弁による軟部組織欠損の再建

■褥瘡、難治性潰瘍建

■瘢痕、ケロイド

■皮膚腫瘍:
良性腫瘍:ホクロ、脂肪腫、紛瘤など
悪性腫瘍:皮膚の扁平上皮癌、基底細胞癌など

■熱傷(やけど)(全身管理が必要である新鮮な重度熱傷を除く)

■その他:老人性眼瞼下垂、内反症、外反症など
陥入爪(巻き爪)、腋臭症(わきが)など
副耳、耳瘻孔など

 

 

医師紹介

 

山本 純
資  格 日本形成外科専門医
所属学会 日本形成外科学会

 

◇美容外科診療は取り扱っておりません◇

 

形成外科 山本 純