トップページ > 診療のご案内 > 消化器内科

診療のご案内

消化器内科

当院「消化器内科」では口から肛門までの消化管(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸)、および消化に関係した臓器(肝臓・胆のう・胆管・すい臓)の診療を行います。
こうした多岐にわたる器官・臓器の病気を診断するため、当院では消化管内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ・内視鏡的逆行性膵胆管造影検査/ERCP)、腹部超音波検査(エコー)、腹部CT検査、腹部MRI検査を積極的に行っています。

 

<消化器内科の特徴>
■苦痛の少ない胃カメラ・大腸カメラ検査

胃カメラ検査は多少の苦痛を伴う検査です。但し少しでも苦痛を緩和できるよう、少量の鎮静薬を用い、睡眠状態で検査を行うことも可能です。また、当院では鼻から挿入する経鼻内視鏡検査も行っています。
大腸カメラ検査では鎮静薬に加え、腹部の張りを少なくするガス(二酸化炭素)を用いることも可能です。

■新しい内視鏡診断方法の採用

当院の内視鏡検査は、オリンパス社製の最新機種を用いて行います。この内視鏡には、NBI観察(特殊な波長の光を照射して病変を詳しく観察する)や拡大観察(内視鏡画像を拡大してより詳細に観察する)などの新しい機能が備わっており、これらを駆使することで、“がん”の早期発見につなげています。

■積極的な内視鏡治療

内視鏡的大腸ポリープ切除術、総胆管結石に対する内視鏡治療、食道静脈瘤に対する結紮術など、多様な内視鏡治療に積極的に取り組んでいます。
また、消化管出血や消化管異物など、緊急の内視鏡治療にも可能な限り対応しています。

■ピロリ菌の検査・治療

ヘリコバクター・ピロリ菌は胃・十二指腸潰瘍をはじめ、さまざまな病気の原因であることが判明しています。特に胃がんの発症に関わっていると考えられることから、2013年には胃がんの発症を予防するため、ピロリ菌感染胃炎に対する除菌治療が保険適応となりました。当院ではピロリ菌の診断および治療を行っています。ピロリ菌が気になる方、除菌を希望される方はご相談ください。

■ウイルス性肝炎に対する最新の治療

B型肝炎やC型肝炎に対する抗ウイルス療法は、従来のインターフェロンに加え、核酸アナログ製剤などの新しい治療法が開発されています。当院では肝臓病専門医が最適な治療法を選択し、治療を行っています。

 

診療受付時間

平日:月~土曜日

  診察時間 受付時間
午前診察 9:00~12:00 7:30~12:00

診療対象となる症状

■食道
 逆流性食道炎
 食道裂孔ヘルニア
 食道静脈瘤 など
■胃・十二指腸
 ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎
 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
 早期胃がん など
■大腸
 大腸ポリープ
 早期大腸がん
 炎症性腸疾患 など
■肝臓
 ウイルス性肝炎(B型肝炎、C型肝炎)
 肝硬変
 肝臓がん など
■膵臓
 急性・慢性膵炎
 膵腫瘍 など
■胆道
 総胆管結石
 閉塞性黄疸 など

胃痛(みぞおちの痛み)、胃部膨満感

-

検査内容

胃カメラ、腹部エコー、腹部CT・MRI

-

-

疑われる病気

胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、膵炎、膵臓がん、胆石症など

-

食欲不振

-

検査内容

胃カメラ、腹部エコー、腹部CT・MRI

-

-

疑われる病気

胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、肝炎、肝臓がん、膵炎、膵臓がんなど

-

胸やけ、げっぷ

-

検査内容

胃カメラ、腹部エコー、腹部CT・MRI

-

-

疑われる病気

逆流性食道炎、胃食道逆流症、胃炎、胃がんなど

-

便秘

-

検査内容

大腸カメラ、腹部CT・MRI

-

-

疑われる病気

過敏性腸症候群、大腸憩室症、大腸がんなど

-

下痢

-

検査内容

大腸カメラ、腹部CT・MRI

-

-

疑われる病気

腸炎、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患、大腸がんなど

-

血便

-

検査内容

大腸カメラ、腹部CT・MRI

-

-

疑われる病気

腸炎、大腸憩室症、炎症性腸疾患、痔、大腸がんなど

-

黄疸(目や皮ふが黄色くなる)

-

検査内容

腹部エコー、腹部CT・MRI

-

-

疑われる病気

胆石症、胆のう炎、肝炎、肝臓がん、膵臓がんなど

-

医師のご紹介

高石 修 (たかいし おさむ)
略歴
1988年 北里大学 医学部卒業
資格
医学博士
日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 指導医
所属学会
  • ・日本内科学会
  • ・日本消化器病学会
  • ・日本消化器内視鏡学会

-

ごあいさつ
なにわ生野病院消化器内科では、苦痛の少ない内視鏡検査に取り組んでおります。過去に胃カメラ検査や大腸カメラ検査で苦痛を感じられた方や、検査を受けようかどうか迷っておられる方は、ぜひ一度ご相談ください。

-

施設認定

日本消化器病学会 認定施設
日本消化器内視鏡学会 指導施設