トップページ > 診療のご案内 > 糖尿病内科

診療のご案内

糖尿病内科

当院「糖尿病内科」では糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症などの代謝疾患、甲状腺、副甲状腺、副腎、下垂体などの内分泌疾患を対象としています。
糖尿病は適切な内科管理を怠ると神経障害、網膜症、腎症の三大合併症、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症などの動脈硬化性疾患を引き起こします。合併症の発症、進展を抑えるためには血糖管理はもちろん、血圧管理や脂質管理などをふくむ総合的な管理が必要です。
糖尿病外来では患者様一人ひとりに合わせた薬物療法、栄養指導、および療養指導を行い、合併症の発症、進展抑制をめざします。

診療受付時間

平日:木曜日・土曜日

  診察時間 受付時間
午前診察 9:00~12:00 7:30~12:00

診療対象となる症状

糖尿病をはじめとする生活習慣病と甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病)をはじめ、内分泌疾患を中心に診療しています。

糖尿病

-

検査内容

血液検査、糖負荷試験など

-

-

疑われる病気

1型糖尿病、2型糖尿病、二次性糖尿病、妊娠糖尿病

-

代謝性疾患

-

検査内容

血液検査、頚動脈エコーなど

-

-

疑われる病気

脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)

-

甲状腺疾患

-

検査内容

甲状腺ホルモン検査、甲状腺エコーなど

-

-

疑われる病気

バセドウ病、橋本病、亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎、甲状腺腫瘍

-

副甲状腺疾患

-

検査内容

副甲状腺ホルモン検査など

-

-

疑われる病気

副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症

-

副腎疾患

-

検査内容

副腎ホルモン検査、各種負荷試験、胸腹部CT/MRIなど

-

-

疑われる病気

クッシング症候群、 原発性アルドステロン症、 褐色細胞腫、 アジソン病

-

下垂体疾患

-

検査内容

下垂体ホルモン検査、各種負荷試験、頭部CT/MRIなど

-

-

疑われる病気

先端巨大症、プロラクチノーマ、クッシング病、下垂体機能低下症、尿崩症

-

医師のご紹介

池田 健太郎  
略歴
2006年 岩手医科大学医学部卒業
2006-2007年 大阪警察病院/大阪大学医学部附属病院 初期研修医
2008年 箕面市立病院 内科後期研修医
2009年 大阪府立急性期・総合医療センター 糖尿病代謝内科レジデント
2010-2012年 済生会松山病院内科勤務
2012-2014年 すみれ病院内科勤務
資格
日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医
日本抗加齢医学会専門医
所属学会
  • ・日本内科学会
  • ・日本糖尿病学会
  • ・日本内分泌学会
  • ・日本甲状腺学会
  • ・日本抗加齢医学会

-

ごあいさつ
2015年4月より糖尿病内分泌内科外来を週1回担当しております。
エビデンスに基づいた安心・安全で質の高い医療を患者様一人ひとりに合わせて提供できるよう心がけております。上記に挙げた病気についてや症状でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

-