文字サイズ
病院紹介

院長挨拶

院長挨拶

守口生野記念病院は、高度先進医療を目指す急性期病院として、最新の診断機器、手術設備、集中治療室を備えいます。設備だけではなく職員も専門の知識・技術を身につけた各臓器・疾患のエキスパートが診療にあたります。特に脳神経系・心臓血管系疾患、ロコモーテイブシンドロームに対しては、医師だけでなく看護師、リハビリテーション、メデイカルソーシャルワーカー、薬剤師、栄養師などが専門チーム“脳卒中センター”“脊椎脊髄センター”“心臓血管不整脈センター”“骨粗鬆症リエゾンチーム”を組織して診療にあたっています。

Our Policies 私どもの信条
Based on Advanced Medicine & Technology
高度先進医療技術に基づいた
Safety 安心される病院 Confidence 信頼される病院
そして、地域に Contribution 貢献する病院を目指しています。

北河内2次医療圏にあって、私どもの社会医療法人として、守口生野記念病院としての立ち位置、役割は、高度先進的な急性期医療、救急医療です。さらに感染症対策の最前線の診療を受け持つことが加わりました。
さらに北河内地域における医療、介護、福祉において診療はもちろんのこと医師、看護師、技師、医療事務員の教育・育成、さまざまな分野における研究でも大阪公立大学、大阪医科薬科大学をはじめとした様々な教育機関と連携しており、この地域の医療、介護、福祉の世代を繋いだ発展、進化を目指して参ります。

院長 西川 節
守口生野記念病院
院長 西川 節

院長経歴

連絡先 ・勤務先
社会医療法人 弘道会 守口生野記念病院
〒 570-0002
大阪府守口市佐太中町6-17-33
TEL: 06-6906-1100
現職
社会医療法人 弘道会 守口生野記念病院 院長、脊椎・脊髄センター長
大阪公立大学大学院医学研究科 脳神経外科 臨床教授
学歴
昭和56年4月
大阪市立大学医学部医学科 入学
昭和62年3月
大阪市立大学医学部医学科 卒業
平成6年3月
大阪市立大学大学院医学研究科卒業 医学博士
職歴
昭和62年4月〜
大阪市立大学医学部附属病院 研修医
昭和63年4月〜
島田市民病院 研修医
平成6年4月〜
三栄会 ツカザキ病院 脳神経外科 医員
平成6年7月〜
大阪市立総合医療センター脳神経外科 医員
平成10年4月〜
大阪市立総合医療センター脳神経外科 医長
平成13年10月〜
大阪市立大学大学院医学研究科脳神経外科 講師
平成18年10月〜
平成22年3月 North Shore University Hospital (in New York, USA)
The Chiari Institute, Research Director of Neurosurgery
平成22年4月〜
社会医療法人 弘道会 守口生野記念病院 脳神経外科部長 脊椎脊髄センター長
平成25年4月〜
社会医療法人 弘道会 守口生野記念病院
海外研修
平成9年
University of Oregon, Institute of Neuroscience (UO, IN)
Dartmouth Medical School (DMS)
Massachusetts General Hospital (MGH)に渡航
平成18年
Chiari 奇形、脊髄空洞症、頭蓋頸椎移行部疾患の研究
The Chiari Institute, North Shore University Hospital, NY, USA
助成金
平成9年
NIH “Chiari Conqure & Column of Hope” foundation Principal
Investigator of research project titled
“Morphometric and volumetric analyses of the posterior cranial fossa
in the patients with Chiari malformation”
平成10年
日本脊髄外科学会 都留賞 “Pathogenesis of Chiari malformation”
平成22年
Award of America and Asia Culture Communication Society of America and Asia Culture Communication in Long Island
平成24年
弘道会学術奨励賞
 “頭蓋頸椎移行部の不安定性に対する外科治療“
 “頸椎前方除圧固定術と後方減圧•固定術の治療成績 “
2020-2021, 2022-2023
Best Doctors in Japan Teladoc Health
2022-2025
Doctor of Doctors T-PEC
免許・資格
日本医師免許 昭和62年6月30日 移籍番号:311509
役員
日本脳神経外科学会 専門医  同学会評議委員  同学会代議員 同学会指導医
日本脳神経外科学会近畿地方会評議委員
日本脊髄外科学会指導医 同学会代議員 同学会機関誌審査委員
日本脳卒中学会専門医 同学会指導医
日本脳卒中の外科学会 技術指導医
日本小児神経外科学会 認定医
近畿脊髄外科学会世話人
大阪公立大学医学部脳神経外科学教室同窓会<曙会>会長
大阪府病院協会 理事
Chiari & Syringomyelia Foundation (CSF) Medical research and advisory board in USA
Chiari Connection International (CCI) Medical advisory board in USA
所属学会
日本脳神経外科学会
日本脳神経外科コングレス学会
日本脊髄外科学会
日本小児神経外科学会
日本脳卒中の外科学会
日本脳卒中学会 日本神経外傷学会
近畿脊髄外科研究会
Congress of Neurological Surgeons (CNS) in USA
American Association of Neurological Surgeons (AANS)
学会主催
第70回 近畿脊髄外科研究会 会長 
グランフロント•コンベンションセンター 大阪 梅田 4th. October.2014
主要論文発表
  1. Nishikawa M, Sakamoto H, Hakuba A Nakanishi N, Inoue Y. Pathogenesis of Chiari malformation: a morphometric study of the posterior cranial fossa. J Neurosurg 1997; 86: 40-47
  2. Sakamoto H, Nishikawa M, Hakuba A, Tokunou N, Nakanishi N, Nishimura S: Expansive suboccipital cranioplasty for the treatment of syringomyelia associated with Chiari malformation, Acta Neurochir (Wien) 1999; 123: 949-961
  3. Misao Nishikawa, Kenji Ohata, Motoki Baba, Yuzou Terakawa, Mitsuhiro Hara: fixation for Chiari I malformation associated with ventral compression and instability: one stage posterior decompression and fusion with a new instrumentation technique. Neurosurgery 54: 1430-1435, 2004.
  4. Misao Nishikawa, Kenji Ohata, Kenichi Ishibashi, Toshihiro Takami, Takeo Goto, Mistuhiro Hara. The anterolateral partial vertebrectomy approach for ventrally located cervical intramedullary cavernous angioma. Neurosurgery 59: 58-63, 2006
  5. Misao Nishikawa, Kenji Ohata, Hiroaki Sakamoto: Expansive suboccipital cranioplasty: surgical treatment of syringomyelia associated Chiari malformation. Spinal Surgery 20: 913-920, 2007.
  6. Thomas H. Milhorat, Paolo A. Bolognese, Misao Nishikawa et al: Syndrome of Occipitoatlantoaxial hypermobility, functional cranial settling and Chiari malformation I patients with hereditary disorders of connective tissue. J Neurosurg Spine 7: 601-609, 2007.
  7. Thomas H. Milhorat, Paolo A. Bolognese, Misao Nishikawa, Clair A. Francomano, Nazli B. McDonnell, Chan Roonprapunt, Roger W. KulaAssociation of Chiari malformation Type I and tethered cord syndrome: preliminary results of sectioning filum
  8. Thomas H. Milhorat, Misao Nishikawa, Roger W. Kula, Yosef K Dlugacz. Mechanism of cerebellar tonsillar herniation in patients with putative Chiari amlformations. Acta Neurochir,gica On-line, 2010.
  9. 頭蓋頸椎移行部の不安定性に対する後頭骨頸椎後方固定術 西川 節 他 脊髄外科 26.211-220, 2012
  10. 頸椎前方除圧固定術•椎弓拡大形成術の長期治療成績 西川 節 他 脊髄外科 26: 221-226, 2012.
  11. 頸椎前方除圧固定術•椎弓拡大形成術後に再手術を要した症例の検討 西川 節 他 脊髄外科 26: 304-311, 2013.
  12. 頸椎の不安定性を有する頸椎症性脊髄症における椎弓拡大形成術と一期的後方減圧後方側方固定術の治療成績 西川 節 他 脊髄外科 29: 315-322, 2015
  13. 頸椎症性脊髄症に対する前方除圧固定術の治療成績:固定方法と固定椎間数の検討 西川 節 後藤浩之 他 脳神経外科ジャーナル 10: 2016
  14. 頚椎黄色靭帯石灰化症—自験例の報告と文献的考察 西川 節 他 脊髄外科 32: 46-55, 2018
  15. 胸椎黄色靭帯骨化症−自験10例の報告:病理、画像所見、手術 脊髄外科 32: 167-174, 2018
  16. Chiari 奇形の成因と分類:後頭蓋窩・後頭骨の形態的分析による小脳扁桃下垂の成因. 西川 節. Milhorat TH. Bolognese PA. 大畑祐紀. 生野弘道. 小児神経外科 44: 29-41, 2019
  17. Chiari 奇形の外科治療 : 脳幹•小脳下垂の成因に対する手術の治療成績 西川 節 Milhorat TH. Bolognese PA. 大畑祐紀. 生野弘道. 小児の脳神経 44: 42-53, 2019
  18. Pathogenesis and Management of Chiari malformations based on morphometric analyses of the posterior cranial fossa. Misao Nishikawa. Thomas H. Milhorat. Paolo A. Bolognese. Hiromichi Ikuno. Joural of Nurological Surgery Skull Base on line 0ct. 2019
  19. Surgical management of Chiari malformation, according to the mechanism of hindbrainherniation. Misao Nishikawa. Thomas H. Milhorat. Paolo A. Bolognese. Hiromichi Ikuno. Joural of Nurological Surgery Skull Base on line 0ct. 2019
  20. 胸椎後縦靭帯骨化と黄色靭帯骨化
  21. Chiari I 型奇形に関連した脊髄空洞症の治療戦略—大孔部における髄液循環動態の評価から術式選択を行った治療成績— 西川節、Polo A. Polognese、内藤堅太郎、山縣 徹、他 脊髄外科 35: 294-303, 2021
  22. Surgical Management of Chiari Malformation Type I and Instability of the Craniocervical Junction Based on its Pathogenesis and Classification. Misao Nishikawa,Paolo A. Bolognese,Toru Yamagata, Kentarou Naito, Hiroaki Sakamoto, Mistuhiro Hara, Kenji Ohata,5Takeo Goto. Neurol Med Chir (Tokyo) 62: 400-415, 2022
  23. Surgical Management of Chiari Malformation Type I Associated with Syringomyelia: Outcome of Surgeries Based on the new Classification and Study of Cerebrospinal Fluid Dynamics. Misao Nishikawa, Toru Yamagata, Kentarou Naito, Noritsugu Kunihiro, Hiroaki Sakamoto, Mistuhiro Hara, Kenji Ohata, Takeo Goto. J. Cli. Med 2022, 11, 4556
著書 • Chapter • 総説
  1. 脊髄外科 Chiari 奇形と脊髄空洞症 2007
  2. 脊髄外科サージカルテクニック:前方固定 Modified Trans-Unco Discal approach. 2012
  3. 脳神経外科基本手技 後頭下開頭 2014
  4. 脳神経外科体系 脊椎脊髄疾患 頭蓋頚椎移行部疾患の外科治療 2005
  5. 脳神経外科体系 脊椎脊髄疾患 黄色靭帯石灰化、骨化病変 2005
  6. 脳神経外科体系 神経科学 脳脊髄液 2005
  7. 整形外科 治療指針 頚椎黄色靭帯骨化症 2021
  8. 脊髄外科 Chiari 奇形とその関連疾患—発生学・成因・分類と外科治療戦略 2021
  9. 脊椎脊髄の機能解剖とアプローチ 上位頚椎側方侵入法 2004
  10. 脳神経外科治療マニュアル 頭蓋底陥入症 2005
  11. 脊椎脊髄外科 サージカル・テクニック 前方除圧固定術 TUD approach 2012
  12. 脳神経外科 基本手技 後頭蓋窩正中開頭 2014
  13. 脊椎脊髄 術中・術後 トラブルシューテイング第2版 髄膜炎 2014
  14. 脊髄外科 Chiari 奇形とその関連疾患—発生学・成因・分類と外科治療戦略 2021
  15. 脊椎脊髄外科 ビデオライブラリー Chiari奇形・脊髄空洞症 大孔部減圧 2022

Best Doctors

ベストドクター社が実施する医師への調査において「もし自分や大切な人が、自分の専門分野の病気にかかった場合、自分以外の誰に治療を委ねますか?」という質問に、一定以上の評価を得た名前(Best Doctor)に認定するというものです。

https://bestdoctors.com/japan/

Best Doctors

Doctor of Doctors

優秀専門臨床医とは、ティーペック株式会社の特別顧問および評議員によって推薦基準を満たした医師を推薦し、選考基準に基づき、選考された医師のみが優秀専門臨床医として認定されています。

https://www.t-pec.co.jp/service-dd-yuushuusenmoni-html

Doctor of Doctors

病院紹介

窓口

TEL.06-6906-1100 (代)

業務受付時間

月-土 9:00~17:00
※日・祝 時間外は、総合受付で対応いたします